CRI・ミドルウェア <3698> (東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。スマホゲーム向けの好調などで18年9月期大幅増収増益予想である。株価はやや戻りの鈍い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■ミドルウェア「CRIWARE」を展開
 
 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。ミドルウェアとは、オペレーティングシステム(OS)とアプリケーションソフトの中間に位置するソフトウェアの総称で、ソフトウェアとハードウェアを繋ぐ「部品」のような役割を果たす。
 
 ミドルウェア「CRIWARE」は、音声・映像データを圧縮する技術(自社開発の音声コーデックで「良い品質」を保ち、圧倒的な圧縮技術で「小さく軽く」を実現する技術)、および優れた再生技術(ハードウェアの特性に合わせて「きれいに再生」する技術)を強みとしている。
 
 17年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が61%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が6%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%だった。
 
 現在はゲーム分野を主力としている。ミドルウェア「CRIWARE」を採用したゲームタイトル数は18年3月時点で累計4246タイトルとなった。重点戦略として、スマホゲーム分野の受注拡大を加速するとともに、新規注力分野として監視カメラ、Web動画、車載などへの展開も推進している。
 
 18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本業務提携した。IoTセキュリティに対応した監視カメラ・セキュリティソリューションのグローバル展開を目指す。18年5月には画像最適化ソフトウェア開発・販売のウェブテクノロジおよびウェブテクノロジ・コムを子会社化した。
 
■18年9月期大幅増収増益予想
 
 18年9月期連結業績予想は、売上高が17年9月期比19.1%増の15億円、営業利益が2.5倍の3億円、経常利益が2.5倍の3億円、純利益が2.6倍の2億10百万円としている。
 
 第2四半期累計は売上高が前年同期比15.1%増の7億03百万円、営業利益が2.9倍の1億24百万円、経常利益が2.8倍の1億27百万円、純利益が2.9倍の88百万円だった。計画超の大幅増収増益だった。ゲーム分野において利益率の高いスマホ向け許諾売上が増加し、包括的な許諾契約の新規獲得なども寄与した。
 
 通期ベースでもゲーム分野のスマホ向けの好調が牽引し、ゲーム分野でのSwitch採用開始や組み込み分野での大型案件も寄与して大幅増収増益予想である。なおウェブテクノロジの子会社化およびTerafenceとの資本業務提携の影響は見込んでいないとしている。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は2500円近辺から反落してやや戻りの鈍い展開だが、大きく下押すことなく調整一巡感を強めている。6月26日の終値は2136円、今期予想連結PERは約48倍、時価総額は約106億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインだろう。調整一巡して出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)