東京市場のドル/円は、世界的な貿易戦争への警戒感から109.30円台まで値を下げました。

 ただ、日経平均株価が前日比プラス圏に浮上した事などから109.60円台まで反発しています。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

6/26(火)
17:00 ハンソン・エストニア中銀総裁、講演 
18:30 マカファーティ英MPC委員、講演 
21:00 デギンドスECB副総裁、講演 
22:00 米4月S&P/ケースシラー住宅価格指数
23:00 米6月リッチモンド連銀製造業指数
23:00☆米6月消費者信頼感指数
26:00 米2年債入札 (340億ドル)
26:15 ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演 
26:45 カプラン米ダラス連銀総裁、講演 

6/27(水) 
07:45  NZ5月貿易収支 
※☆は特に注目の材料

 昨日終盤に、米国家通商会議(NTC)のナバロ委員長が「きょうの反応は過剰」「広範な投資制限課す計画ない」などと述べて、市場に広がった貿易戦争をめぐる懸念の火消しに動きましたが、あまり大きな効果は認められません。

 今夜も、貿易戦争が最大の関心事となりそうです。

 中国からの対米投資の制限を盛り込んだ報告書を29日までに米財務省が発表するとあって、ドル/円は上値が重い展開が見込まれます。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:109.100-110.100円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)