ロードスターキャピタル <3482> (東マ)は、付加価値を高めて売却する不動産投資運用を主力としている。収益は物件売却によって変動しやすいが、18年12月期大幅増収増益予想である。株価は5月の戻り高値圏から反落したが、調整一巡感を強めている。

  ■不動産投資運用が主力

 

 不動産とテクノロジーを融合し、コーポレートファンディング事業(不動産・・・・

続きを読む