アエリア <3758> (JQ)はITサービス事業を主力として、スマホ向けゲームのコンテンツ事業、民泊サービスなどの不動産事業にも展開している。18年12月期はM&A効果やゲームの好調で大幅増収増益予想である。サイバードを子会社化して第3四半期から新規連結するため、売上高、利益とも上乗せされる見込みだ。株価は安値圏だが調整一巡感を強めている。
 
■ITサービス主力にM&Aを積極活用
 
 アフィリエイトプラットフォームやデータセンタ運営などのITサービス事業を主力として、女性をターゲットにしたスマホ向けゲーム開発・配信のコンテンツ事業、さらに民泊サービスなどの不動産事業にも展開している。
 
 M&Aを積極活用している。17年12月期は8社をグループ化した。強固な収益基盤を確立するため、各事業の連携とシナジー創出によりリスク分散を図りつつ、今後も国内外で事業規模の拡大を目指すとしている。18年1月にはソーシャルカジノ事業への参入を目的として、台湾の網銀と合弁会社設立に合意している。
 
 5月28日にはサイバードの子会社化(株式譲渡6月28日予定、18年12月期第3四半期から連結)を発表した。また買収資金の一部を調達するため、第三者割当による第29回新株予約権(1万7454個=潜在株式数174万5400株)を発行する。
 
■18年12月期大幅増収増益予想、サイバード子会社化でさらに上乗せ
 
 18年12月期連結業績予想は、売上高が17年12月期比44.9%増の230億円で、営業利益が48.6%増の40億円、経常利益が44.9%増の40億円、純利益が44.2%増の30億円としている。積極的なM&Aの効果やスマホ向けゲーム「A3!」の好調などで大幅増収増益予想である。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比3.0倍の67億20百万円となり、営業利益が84.9%増の8億07百万円、経常利益が61.8%増の6億92百万円、純利益が2.4倍の5億48百万円だった。
 
 通期ベースでも好業績が期待される。なおサイバードを子会社化して第3四半期から新規連結する。この影響は、売上高約50億円、営業利益約2億円の上乗せ要因となる見込みだ。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は戻りが鈍く安値圏でモミ合う形だが、3月安値を割り込むことなく推移して調整一巡感を強めている。6月22日の終値は1453円、今期予想連結PERは約8倍、時価総額は約284億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線が戻りを押さえる形だが、調整一巡して出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)