ニューヨーク原油先物市場は反発。
米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間石油統計で原油在庫が前週比591万バレル減と在庫減少が明らかになったことで原油買いが進んだ。
CL_の終値は65.38ドル。

スポット金市場は続落。
米長期金利の反発やユーロ安が続いていることが意識され、ポジション調整の動きが進んだとみられている。
しかし、市場では米中貿易戦争激化を警戒していることもあり、下げ幅は限定的であった。
XAUUSDの終値は1267.50ドル。(情報提供:東岳証券)