リンクアンドモチベーション <2170> は、組織・人事分野中心に「従業員のモチベーション」にフォーカスした経営コンサルティング会社である。18年12月期大幅増収増益・連続増配予想である。株価は上場来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。
 
■「従業員のモチベーション」にフォーカスしたコンサルティング会社
 
 組織・人事分野中心に「従業員のモチベーション」にフォーカスした経営コンサルティング会社である。
 
 事業区分は、コンサル・アウトソース事業およびイベント・メディア事業の組織開発Div、キャリアスクール事業および学習塾事業の個人開発Div、ALT(小中高校の外国語指導講師)配置事業および人材紹介・派遣事業のマッチングDiv、そして資金と組織の両面からベンチャー企業をサポートするベンチャー・インキュベーションとしている。
 
 重点指標として組織開発Divでは、企業と従業員のエンゲージメント状態を数値化して改善を支援する「モチベーションクラウド」の20年2000件(年間約40億円規模)の導入、IT人材育成講座「アビバプロ」の19年末70講座の開発を目指している。個人開発Divでは、ハイエンド層を対象に「ロゼッタストーン」ブランドの英会話教室を新規展開している。
 
 18年1月には米国で福利厚生サービスを展開するFond社に出資した。18年2月には全世界でマイクロファイナンスの展開を目指す五常・アンド・カンパニーに出資した。18年3月には「モチベーションクラウド」導入数が500件を突破した。
 
 なおベンチャー・インキュベーションの出資先であるラクスル<4384>が5月31日東証マザーズに新規上場した。また関連会社のインバウンドテック<7031>が6月27日東証マザーズに新規上場予定である。
 
■18年12月期大幅増収増益・連続増配予想
 
 18年12月期の連結業績(IFRS)予想については、売上収益が17年12月期比10.3%増の407億円、営業利益が22.4%増の41億20百万円、親会社所有者帰属当期利益が20.0%増の25億30百万円、配当予想が60銭増配の年間6円80銭(四半期配当)としている。
 
 第1四半期は、売上収益が前年同期比10.1%増の96億42百万円、営業利益が23.5%増の8億62百万円、親会社所有者帰属当期利益が33.2%増の5億50百万円だった。組織開発Divが12.4%増収、個人開発Divが17.0%増収、マッチングDivが7.4%増収と、いずれも伸長した。
 
 通期ベースでも、収益性の高い組織開発Divが牽引して大幅増収増益・連続増配予想である。働き方改革に対する企業の取り組み活発化も背景に収益拡大基調が期待される。
 
■株価は自律調整を交えながら上値試す
 
 株価は6月4日に上場来高値1484円まで上伸し、その後も高値圏で推移している。6月20日の終値は1386円、今期予想連結PERは約58倍、時価総額は約1567億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインだ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)