東京市場のドル/円は、日経平均株価の堅調さを好感した買いが入る一方で、米中貿易摩擦激化への懸念から上値は限定されました。
109.80円台から110.20円台までじりじり上昇した後はやや伸び悩んでいます。
欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

6/20(水)
17:00 南ア5月消費者物価指数 
17:00 ラウテンシュレーガーECB理事、講演 
17:00 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
18:45 クノット・オランダ中銀総裁、講演 
19:30 クーレECB理事、講演 
21:30 米1-3月期経常収支
22:30☆ドラギECB総裁、パウエルFRB議長、黒田日銀総裁、ロウRBA総裁、パネルディスカッション
23:00 米5月中古住宅販売件数
23:30 EIA週間原油在庫統計 

6/21(木)
07:45☆NZ1-3月期GDP

※☆は特に注目の材料

今夜の米国関連の重要イベントは、量的にも質的にも控えめです。
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が、欧州中銀(ECB)主催のイベントに参加しますが、パネルディスカッションにつき発言は限られる公算です。
やはり今夜も、欧米の株価動向がカギとなりそうです。
なお、昨日大幅に下落したアジア株は総じて反発しており、このまま行けば欧米株の支援材料になる可能性があります。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:109.600-110.600円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)