ニューヨーク原油先物市場は反落。
米中貿易戦争激化によって世界経済につながるとの思惑が浮上したことやOPECによる原油の増産が意識され、原油売りが進んだ。
CL_の終値は64.90ドル。

スポット金市場は小幅に下落。
米中貿易戦争激化を警戒して安全資産としての金の需要が増加したが、米ドル高の相場展開となったこともあり、金先物は伸び悩んだ。
XAUUSDの終値は1274.40ドル。(情報提供:東岳証券)