カナモト <9678> は建設機械レンタルの大手である。北海道を地盤として全国展開と業容拡大を推進し、長期ビジョンで海外展開を成長エンジンと位置付けている。18年10月期第2四半期累計は増収増益と順調だった。そして通期も増収増益・連続増配予想である。株価は第2四半期累計業績にややネガティブな反応となったが、目先的な売り一巡して反発を期待したい。
 
■建設機械レンタル大手、成長エンジンとして海外展開を強化
 
 建設機械レンタルを主力として、海外向け中古建設機械販売、土木・建築工事用鉄鋼製品販売、IT機器・イベント関連レンタルなども展開している。M&Aも積極活用し、北海道を地盤として全国展開と業容拡大を加速している。
 
 17年8月には東友エンジニアリング(東京都)および名岐エンジニアリング(岐阜県)の株式を追加取得して関連会社とした。子会社のニシケンは福祉用具卸レンタル事業の関東進出に向けて、18年2月フジモトHDから、首都圏で福祉サービスを展開するビップケアウエル安心の株式を譲り受けた。
 
 18年4月には中国四国エリアでのシェア拡大を目指し愛媛県に初出店(松山営業所と西城営業所)した。全国営業拠点数は192拠点、グループ合計485拠点となった。
 
 55期の19年を見据えたグループの目指す姿を長期ビジョン「BULL55」として示し、海外展開強化を今後の成長エンジンと位置付けている。17年12月には中国・上海市に子会社を設立した。
 
 なお収益面では公共工事の影響を受けやすく、建設関連のため売上高が第4四半期(8~10月)から第1四半期(11月~1月)にかけてピークとなり、第2四半期(2~4月)および第3四半期(5~7月)は減少する季節特性がある。
 
■18年10月期2Q累計増収増益、通期増収増益・連続増配予想
 
 18年10月期連結業績予想は、売上高が17年10月期比2.2%増の1618億70百万円、営業利益が4.0%増の173億30百万円、経常利益が1.3%増の174億20百万円、純利益が1.4%増の109億円としている。配当予想は5円増配の年間55円(第2四半期末20円、期末35円)としている。3期連続増配で予想配当性向は17.8%となる。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比7.8%増の853億49百万円、営業利益が10.0%増の109億94百万円、経常利益が8.9%増の111億94百万円、純利益が4.1%増の67億35百万円だった。需要が堅調に推移して増収増益だった。売上総利益率は32.0で0.2ポイント低下、販管費比率は19.1%で0.5ポイント低下した。
 
 建設関連事業は売上高が6.5%増の767億82百万円で営業利益が11.8%増の103億55百万円だった。公共投資が堅調に推移し、首都圏の再開発関連工事や東京五輪関連工事なども増加した。好調な建設機械レンタル需要に対する資産の的確な再配置も奏功した。その他事業は売上高が20.5%増の85億67百万円、営業利益が16.7%減の4億44百万円だった。需要堅調で大幅増収だが、鉄鋼関連の工事売上の減少で減益だった。
 
 通期ベースでも、各地の豪雨・地震災害復旧関連工事、首都圏での20年東京五輪関連工事、都市再開発プロジェクト、リニア新幹線関連工事、国土強靭化に向けた社会インフラ工事などで、建設機械レンタル需要が堅調に推移する見込みだ。
 
 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が52.7%、営業利益が63.4%、経常利益が64.0%、純利益が61.8%と順調である。通期ベースでも好業績が期待される。
 
■株価は目先的な売り一巡して反発期待
 
 株価は6月11日に年初来高値3960円まで上伸する場面があったが、その後は一転反落して6月19日に3515円まで調整した。第2四半期累計業績にややネガティブな反応となった形だ。
 
 6月19日の終値3545円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS308円44銭で算出)は約11倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間55円で算出)は約1.6%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2440円41銭で算出)は約1.5倍である。時価総額は約1279億円である。
 
 週足チャートで見ると26週移動平均線が下値を支える形だ。目先的な売り一巡して反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)