ドル円は110円台半ばを中心に小動き。値幅も21銭程度で良好な米景気と米中貿易問題の綱引きが続く。引け値は110円55銭近辺と前日と変わらず。ユーロドルも1.16を挟んでもみ合い。移民問題でメルケル政権が苦境に立たされていることで上値も重かった。株式市場は続落。米中貿易問題が重石となりダウは6日続落し、2万5000ドルの大台を割り込む。ナスダック指数は堅調に推移しほぼ変わらず。債券相場もやや買いが優勢だった・・・・

続きを読む