地場系コングロマリット企業ビングループ[VIC]は12日、スマート電子製品の生産、および人工知能(AI)・自動化・新材料の研究開発(R&D)・応用を手掛けるビンスマート(VinSmart)を設立したことを明らかにした。

  ビンスマートの資本金は3兆VND(約146億円)で、VIC傘下のビンファスト(VinFast)が建設中の自動車生産コンプレックス(紅河デルタ地方ハイフォン市ディンブー・カットハイ経済区)内に工場を建設する。

  第一弾として、スマートフォン「Vスマート(Vsmart)」を生産する。特許や生産ラインの購入、基幹人材となる専門家、また取引先の確保については、世界トップクラスのコンサルティング会社からアドバイスを受けながら準備を進めている。(情報提供:VERAC)