ニューヨーク原油先物市場は3営業日続伸。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計で原油在庫が前週比410万バレル減と在庫減少が明らかになったことで原油が買われる展開となった。CL_の終値は66.60ドル。

スポット金市場は反発。FRBがFOMCにて今年の利上げ想定回数を計3回から4回に引き上げ、利上げペースの加速に言及されたためドル買いとなり、一時1292ドル近辺まで下落したが、その後は値を戻した。XAUUSDの終値は1299.20ドル。(情報提供:東岳証券)