昨日のドル/円は、史上初の米朝首脳会談を前に月初来高値を更新して続伸した。会談中や会談後には小緩む場面もあったが、大きな波乱なく乗り切った事から下値は堅かった。また、NY市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が、これまで年4回だけだった連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見を、8会合全てで行う事を検討しているとの報道がドルを下支えした。FRBは、議長会見が開かれるFOMC以外では利上げを・・・・

続きを読む