米市場調査会社カンター・ワールドパネルのベトナム現地法人カンター・ワールドパネル・ベトナムはこのほど、ベトナムの消費者が購入している日用消費財(FMCG)のブランドに関する最新の調査結果を発表した。

  同調査では、国内4都市(ホーチミン市、ハノイ市、南中部沿岸地方ダナン市、メコンデルタ地方カントー市)とそれ以外の地方に分けて、ブランドを購入した世帯の数と購入頻度を数値化し、ランク付けしている。

  それによると、国内4都市では地場乳製品製造最大手ビナミルク[VNM](Vinamilk)が、それ以外の地方では家庭用品メーカーのユニリーバ(Unilever)がそれぞれ前年と同じく首位に立った。

  品目別に見ると、ヘルス・ビューティー部門ではユニリーバの歯磨き粉「P/S」が4都市および地方の両方で1位となった。ホームケア部門では、ユニリーバの食器用洗剤「サンライト(Sunlight)」が4都市および地方の両方で1位に立った。食品部門では、エースコック(Acecook)の「ハオハオ(即席めん)」が4都市で、マサングループ[MSN](Masan Group)傘下のマサン消費財[MCH](Masan Consumer)の魚醤「ナムグー(Nam Ngu)」が地方で1位。また、飲料部門では、コカ・コーラ(Coca-Cola)の炭酸飲料「コカ・コーラ(Coca-Cola)」が4都市で、サイゴンビール・アルコール飲料[SAB](Sabeco)のビール「サイゴン(Sai Gon)」が地方で首位に立った。

  ブランドトップ10の大部分を外資系または合弁会社が占める一方、ベトナムの地場企業は4都市で3社、地方では4社に留まっている。品目別に見ても、外資系企業の製品がFMCG市場を圧倒している。

  4都市で最も購入されているブランドトップ10は以下の通り。

1位:ビナミルク
2位:ユニリーバ
3位:マサン消費財
4位:ネスレ(Nestle)
5位:エースコック
6位:サントリーペプシコ(Suntory PepsiCo)
7位:味の素(Ajinomoto)
8位:カイラン植物油(Calofic)
9位:プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)
10位:フリースランド・カンピーナ(Friesland Campina)

  地方で最も購入されているブランドトップ10は以下の通り。

1位:ユニリーバ
2位:マサン消費財
3位:ビナミルク
4位:エースコック
5位:カイラン植物油
6位:味の素
7位:アジアフーズ(Asia Foods)
8位:ネスレ
9位:ユニベン(Uniben)
10位:クアンガイ製糖[QNS](QUANG NGAI SUGAR)傘下のベトナム豆乳社(ビナソイ=Vinasoy)(情報提供:VERAC)