ドル円は110円台を回復したものの、勢いはなくもみ合い。経済指標もなく、本日の米朝首脳会談を見守る雰囲気が強まる。ドル円は110円12銭まで買われたが、110円を挟む水準で一進一退。ユーロドルは小幅に上昇。イタリアの財務相がユーロへの残留をコミットしたことで、1.18台前半までユーロ高が進む。株式市場は小幅に続伸。特段材料がない中、米朝首脳会談には楽観的な見方が広がり、ダウは5ドル上昇し、4日続伸。債券相場・・・・

続きを読む