先週の米ドル円相場は行ったり来たりの小動き。一時1ドル=110円を回復する場面もありましたが、週末は再び109円台です。今年これまでの流れを振り返りますと、1月~3月は一方的な円高トレンド(113円→104円)。3月下旬に底打ちしてから5月まで円安トレンド(104円→111円)。5月下旬にイタリア政局不安などもあって急反転して円高トレンドに入るかと思われましたが、踏ん張って行ったり来たりの横ばいの状態(109円台を中心とする横ばい)。さて、今週の見通しについて。チャート分析の観点で意識すべき円高方向のポイントは108円台後半~109円近くの水準。今月これからも、下落(円高)の動きは、そのあたりの水準(1・・・・

続きを読む