ニューヨーク原油先物市場は反落。産油量が大きく落ち込むベネズエラで、国営石油会社が一部輸出分に不可抗力条項の発動を検討中と報じられたことなどで上昇したが、米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計が軒並み増加したことを示す内容となったことが嫌気され、反落した。CL_の終値は65.00ドル。

スポット金市場は反落。米中貿易摩擦に対する過度な懸念が和らぐ中、リスク選好の動きが強まり、ドル高・米株高となったため、安全資産としての金は売られる展開となった。XAUUSDの終値は1295.80ドル。(情報提供:東岳証券)