ニューヨーク原油先物市場は4営業日ぶりに反発した。ドル安から割安感がでたことなどで押し目買いが入ったようだ。ただ、米国政府がサウジアラビアなどの一部OPEC加盟国に日量100万バレルの増産をひそかに要請したとの報道もあり上値は重かった。CL_の終値は65.47ドル。

スポット金市場は4営業日ぶりの反発。割高感が後退したことやポジション調整などから買いが入り、一時1300ドル台の大台に乗せた。XAUUSDの終値は1296.30ドル。(情報提供:東岳証券)