ドル円は109円台半ばから後半で推移。東京時間に110円をテストする場面もあったが、NY市場では米金利の低下にややドルが売られた。引け値は109円80銭近辺で前日と変わらず。来週のECB理事会で量的緩和縮小が議論されるとの見方が浮上し、ユーロドルは堅調。1.1732前後まで買われたが前日の高値には届かず。

 株式市場はまちまち。ダウは小幅に下落したものの、ナスダックは上昇し、最高値を更新。債券は反発。長期金利は2.92%台と前日より幾分低下。金と原油は4日ぶりに反発。金は1300ドル台を回復。 5月ISM非製造業景況指数 → 58.6 ドル/円   109.48 ~ ・・・・

続きを読む