クックビズ <6558> (東マ)は、飲食関連の転職サイト「クックビズ」を運営し、人材紹介事業および求人広告事業を展開している。18年11月期は成約件数増加などで増収だが、先行投資負担で減益予想としている。株価はIPO人気が一巡して水準を切り下げたが、ほぼ底値圏だろう。
 
■飲食関連に特化した転職サイト「クックビズ」を運営
 
 17年11月東証マザーズに新規上場した。飲食関連に特化した転職サイト「クックビズ」を運営し、人材紹介事業および求人広告事業を展開している。新規事業では農業関連事業から撤退し、飲食業界で働く人向け研修「クックビズフードカレッジ」事業、料理人・シェフ向けSNSサービス「Foodion」も展開している。
 
■18年11月期は先行投資負担で減益予想
 
 18年11月期非連結業績予想は、売上高が17年11月期比27.5%増の26億36百万円、営業利益が57.2%減の1億14百万円、経常利益が56.8%減の1億14百万円、純利益が57.1%減の73百万円としている。
 
 成約件数増加や求人広告出稿増加で大幅増収だが、オフィス増床移転、人材投資に伴う人件費の増加、広告宣伝費の増加などの先行投資負担で減益予想としている。
 
 第1四半期は売上高が5億18百万円で、営業利益が6百万円、経常利益が7百万円、純利益が2百万円の赤字だった。第2四半期以降の挽回に期待したい。
 
■株価はほぼ底値圏
 
 株価はIPO人気が一巡して水準を切り下げた。5月30日には2547円まで下押して3000円近辺でのモミ合いから下放れの形となった。ただしほぼ底値圏だろう。5月31日の終値は2703円、今期予想PERは約80倍、時価総額は約59億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)