デジタルメディアプロフェッショナル <3652> (東マ)は、独自開発したグラフィックスIPのライセンスやLSIの販売を主力としている。19年3月期は次世代LSIの数量拡大などで大幅増収・営業増益予想である。株価は調整一巡して急反発している。
 
■独自開発したグラフィックスIPのライセンスやLSIを展開
 
 組み込みシステムのビジュアル・コンピューティング分野を中核として、独自開発した2D・3Dグラフィックス技術のハードウェアIPやソフトウェアIPをライセンス販売するIPコアライセンス事業、これらのIPを搭載したグラフィックスLSIを開発・販売するLSI製品事業、IP製品に関連したソフトウェア受託開発のプロフェッショナルサービス事業を展開している。
 
 18年3月期から量産出荷開始した次世代画像処理LSI「RS1」が複数の大手有力顧客に採用されたため、業界標準プラットフォームを目指して顧客製品立ち上げサポートに注力し、SoCモジュールビジネスを収益の柱に育成する方針だ。
 
■19年3月期大幅増収・営業増益予想
 
 19年3月期の非連結業績予想は、売上高が18年3月期比23.2%増の12億円、営業利益が43.3%増の1億円、経常利益が50.6%増の1億円、純利益が17.6%減の90百万円としている。18年3月期から量産出荷開始した次世代画像処理LSI「RS1」の販売数量が拡大して大幅増収・営業増益予想である。
 
■株価は調整一巡して急反発
 
 株価は4月の直近安値圏5000円で調整一巡して急反発している。5月30日の終値は7920円、今期予想PERは約246倍、時価総額は約221億円である。週足チャートで見ると26移動平均線突破の動きを強めている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)