MS&Consulting <6555> (東マ)は、ミステリーショッピングリサーチ事業を展開している。調査数および調査店舗数が順調に増加して19年3月期増収増益予想である。株価はほぼ底値圏だろう。
 
■ミステリーショッピングリサーチを展開
 
 顧客満足度覆面調査のミステリーショッピングリサーチ(MSR)事業を主力に、従業員満足度調査のサービスチーム力診断サービス、コンサルティング・研修サービスも展開している。
 
 なお5月14日にホームページへの不正アクセスによる登録情報の流出の可能性を発表している。現在のところ当該情報を悪用された被害の報告は入っていないとしている。
 
■19年3月期増収増益予想
 
 19年3月期の連結業績(IFRS)予想は、売上収益が18年3月期比6.3%増の29億88百万円、営業利益が10.0%増の6億08百万円、親会社所有者帰属当期利益が10.4%増の4億05百万円としている。
 
 調査数および調査店舗数が順調に増加して増収増益予想である。クロスセルの強化により、サービスチーム力診断やカスタマーリサーチなど粗利率の高いサービスの提供に注力する。
 
■株価はほぼ底値圏
 
 株価は4月の戻り高値圏1200円台から反落し、5月25日には1057円まで下押した。5月29日の終値は1096円、今期予想連結PERは約13倍、時価総額は約51億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線を割り込んだが、3月の上場来安値990円に接近してほぼ底値圏だろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)