ニューヨーク原油先物相場はドル高や、ロシアのノヴァクエネルギー相が土曜日の演説で原油生産量は生産量削減前の基準生産量であった2016年10月の水準に戻ると述べたこともあり、5営業日続落となった。CL_の終値は66.48ドル。

スポット金市場は米国がメモリアルデーで休場のため閑散とした動きだったものの、ドル高を背景に値は重く、1300ドル割れで取引を終了した。また、ニューヨーク先物取引所での金先物のネットポジションは10ヶ月ぶりに低下している。XAUUSDの終値は1297.85ドル。(情報提供:東岳証券)