NO.1 <3562> (JQ)はオフィスコンサルタント事業とシステムサポート事業を展開している。19年2月期は増収・2桁増益予想である。株価は下値固め完了して基調転換の動きを強めている。
 
■オフィスコンサルタント事業とシステムサポート事業を展開
 
 オフィスコンサルタント事業とシステムサポート事業を展開している。オフィスコンサルタント事業は中小企業および個人事業主向けに、OA関連商品、自社企画の情報セキュリティ商品を販売している。システムサポート事業は機器の保守・メンテナンスを行っている。
 
 中期経営計画では20年2月期売上高81億円、営業利益4億円、純利益2億59百万円、ROE12.8%を目標値に掲げている。
 
■19年2月期2桁増益予想
 
 19年2月期の連結業績予想は、売上高が18年2月期比2.5%増の79億08百万円、営業利益が18.0%増の3億28百万円、経常利益が18.5%増の3億17百万円、純利益が14.5%増の2億08百万円としている。
 
 OA関連商品や情報セキュリティ機器を中心とした複数商品の提案を推進し、18年2月期に外注比率が上昇したWeb制作部門におけるコストコントロール徹底などで利益率向上を目指すとしている。
 
■株価は下値固め完了
 
 株価は下値固め完了して基調転換の動きを強めている。3月安値1586円から反発して1800円台を回復した。5月25日の終値は1813円、今期予想連結PERは約14倍、時価総額は約28億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線を突破した。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)