ワコム <6727> はペン入力タブレットの世界トップメーカーである。ブランド製品事業が牽引して19年3月期増収増益予想である。株価は調整一巡して戻り歩調だ。
 
■ペン入力タブレットの世界トップメーカー
 
 ペン入力タブレットの世界トップメーカーである。自社ブランド製品を主力に、他社製PCやモバイル端末向けのOEM供給も展開している。中期経営計画では目標値を22年3月期売上高1000億円、営業利益率10%、ROE15~20%を掲げている。
 
■19年3月期増収増益予想
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比3.3%増の850億円、営業利益が13.4%増の40億円、経常利益が9.4%増の39億20百万円、純利益が26.2%増の29億80百万円としている。配当予想は18年3月期と同額の年間6円(期末一括)としている。
 
 ブランド製品事業が4.4%増収・49.9%増益で全体を牽引する見込みとしている。主力のクリエイティブ分野における次世代新製品の市場への浸透などを推進する。テクノロジーソリューション事業は3.1%増収だが、粗利率の低下や開発費の増加で54.4%減益見込みとしている。
 
■株価は調整一巡して戻り歩調
 
 株価は直近安値圏500円近辺で調整一巡して戻り歩調だ。5月23日と24日には643円まで上伸する場面があった。5月25日の終値は604円、今期予想連結PERは約33倍、時価総額は約2006億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線が上向きに転じている。また26週移動平均線を突破した。基調転換を確認した形だ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)