スタジオアタオ <3550> (東マ)は、自社ブランドの婦人用バッグや財布などを店舗およびネットで販売している。19年2月期増収増益予想である。株価は1月高値圏から反落して水準を切り下げたが、下値固め完了感を強めている。
 
■自社ブランド「ATAO」など婦人用バッグ・財布を販売
 
 自社ブランドの婦人用バッグや財布などを店舗およびネットで販売している。神戸ATAOを中心に、パリIANNE、ヴェネツィアROBERTA di Camerino、イルメール島(夢の国)ILEMERの4ブランドを展開している。
 
 18年2月期の販路別売上構成比はインターネット販売52%、店舗販売43%、その他5%である。店舗は神戸本店など首都圏と関西都心部中心に展開している。トレンドに左右されない商品企画、定番商品を人気商品化するノウハウを強みとして、O2Oの施策を活用しながら長期的・安定的に収益を拡大する事業展開に取組んでいる。
 
■19年2月期増収増益予想
 
 19年2月期連結業績予想は、売上高が18年2月期比11.9%増の38億50百万円、営業利益が8.6%増の6億円、経常利益が8.5%増の6億円、純利益が15.6%増の4億15百万円としている。インターネット販売、店舗販売とも、ATAOを中心とした定番商品の販売拡大で増収増益予想である。
 
■株価は下値固め完了感
 
 株価は1月の上場来高値3270円から反落して水準を切り下げたが、2000円近辺で推移して下値固め完了感を強めている。5月24日の終値は2037円、今期予想連結PERは約31倍、時価総額は約127億円である。週足チャートで見ると2000円近辺が下値支持線の形だ。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)