地場総合インターネットメディア運営会社VNGコーポレーション(VNG Corporation、ホーチミン市)が展開するモバイル無料通話・メールアプリ「Zalo(ザロ)」のユーザー数が、1億人を突破した。

  同アプリは2012年に提供が開始され、通話やメッセージの送受信のほか、フェイスブック(Facebook)のように友達を検索したり近況や写真を投稿したりできることで人気を集め、新規ユーザー数は増加の一途を辿っている。近年は海外でも認知度を高めている。

  さらに同アプリは、南中部沿岸地方ダナン市、同クアンガイ省、東南部地方ドンナイ省、メコンデルタ地方ティエンザン省、同ドンタップ省、紅河デルタ地方タイビン省などの全国20省・市余りの各機関で行政手続きにも利用されている。

  このほか、サンハウス(Sunhouse)、アサンゾ(Asanzo)、ジュノ(Juno)などの大手企業も同アプリを通じた販売サービスを展開している。(情報提供:VERAC)