ニューヨーク原油先物市場は、世界的な供給逼迫(ひっぱく)懸念を背景に買いが先行したものの、その後は反落し、上値の重い展開となった。CL_の終値は72.09ドル。

スポット金相場は5営業ぶりの反落。ドル安に伴う割安感から買われる展開となったが、その後は上値が重く値を下げた。XAUUSDの終値は1290.90ドル。(情報提供:東岳証券)