電気・水道・ガスを含む中国のインフラ投資は1月~3月の8.3%増が、1月~4月では7.6%増へ減速した。2013年から2017年前半にかけて20%前後の高い伸び率と比較すると大きなブレーキになっている。大和総研経済調査部の主席研究員 齋藤尚登氏は5月22日、「とうとうインフラ投資が息切れ」と題したレポート(全9ページ)を発表し、中国経済の現状を分析した。レポートの要旨は、以下の通り。

  ◆2018年1月~4月の固定資産投資は前年同期比7.0%増(以下、変化率は前年比、前年同期比、前年同月比)と、1月~3月の7.5%増から減速した。インフラ投資は2013年から2017年前半にかけて20・・・・

続きを読む