東京市場のドル/円は、一時約4カ月ぶりに111円台に乗せましたが、米長期金利が低下に転じると110.80円台まで押し戻されるなど、伸び悩む展開となっています。
欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

5/18(金)
16:00 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演 
16:30 コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演 
17:00 ユーロ圏3月経常収支
18:00 ユーロ圏3月貿易収支
21:30 カナダ3月小売売上高 
21:30 カナダ4月消費者物価指数 
22:15 カプラン米ダラス連銀総裁、講演 
22:15 ブレイナード米FRB理事、講演 
※は特に注目の材料

ドル/円の決め手になりそうなイベントは見当たりません。
今夜も米長期金利の動きを睨んだ展開となるでしょう。
来週に総額990億ドルの米国債入札を控えているため、米国債利回りは低下しにくいと見られ、引き続きドルをサポートしそうです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:110.300-111.400円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)