ニューヨーク原油先物市場のWTI先物は3日続伸。
EIA週間石油統計で原油在庫の減少を受けて、原油買いが進んだとみられている。
また、中東情勢の悪化に対する警戒感は消えていないことも好材料となった。
CL_の終値は71.53ドル。

スポット金相場は小幅に反発。
米朝首脳会談の開催が危ぶまれていることが、市場の不安感を煽っており、安全資産としての金の需要が増加した。
XAUUSDの終値は1290.30ドル。(情報提供:東岳証券)