ドル円は110円台を維持。110円03銭まで売られる場面もあったが、この日も米長期金利の上昇にサポートされ、110円40銭までドルが上昇。ユーロドルは戻りを売られる展開が続き、一時は1.1763と、直近安値を更新する水準まで下落。前日発表されたユーロ圏のGDPが経済成長の減速を示したほか、イタリアの政局も重石に。株式市場は反発。ダウは62ドル上昇し、ナスダックも46ポイント上昇。債券相場は続落。長期金利はさらに上昇し、3.1%を付けたが、引け値では3.09%台とやや低下。金は4日ぶりに小反発。原油は3日続伸。 4月住宅着工件数     →  128.7万件 4月建設許可件数     → ・・・・

続きを読む