ドル円は「110円の壁」を上抜けし、110円45銭まで上昇。米長期金利が一段と上昇したことと、経済指標の一部が上振れしたことが材料に。ドル高が進み、ユーロドルは大幅に下落。1.1820までユーロ安が進み、先週9日に記録した安値に並ぶ。

 株式市場は大幅に反落。米長期金利がさらに上昇したことと、連日上昇が続いていたことから、利益確定の売りが出やすい状況にあった。ダウは193ドル下落し、他の主要指数も大きく売られる。債券相場は続落し、10年債利回りは一時3.09%まで上昇。NY連銀製造業景況指数が予想を大きく上回ったことなどに反応した。引け値では3.07%台と、やや低下して取り引きを終え・・・・

続きを読む