ドル円は欧州時間に110円台をテストしたものの、乗せ切れず反落。NYでは4月のCPIが予想を下回ったことからドル売りが優勢となり109円30銭まで円が買われる。ドルが売られたことでユーロの下落も一服。ユーロドルは1.1947まで反発する場面も。

 株式市場は大幅に続伸。半導体銘柄が買われ、ダウは196ドル上昇。ダウはこれで6営業日続伸。債券は反発。前日3%の大台に乗せて引けた10年債利回りも低下し、2.96%台で引ける。金は4日ぶりに反発。原油価格は中東情勢を背景に再び買いが強まり71ドル台後半まで上昇。引け値でも71ドル36セントと、直近高値を更新。 4月消費者物価指数  →・・・・

続きを読む