明朝のNZ中銀(RBNZ)理事会は、政策金利を過去最低の1.75%に据置く事が確実視されている。前回3月の声明では、「金融政策は相当の間、緩和的であり続ける」とし、スペンサー総裁代行はインフレ率について「中期的に2%に向けて加速する前に、短期的には一段と鈍化する見込みだ」と述べた。その後、4月19日に発表されたNZ1-3月期消費者物価指数は、総裁代行の見立てどおりに前年比+1.1%に鈍化(前期+1.6%)し・・・・

続きを読む