東京市場のドル/円は、決め手になる材料を欠く中で109.00円を挟んだ小幅な値動きに始終しました。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 5/8(火) 16:15☆パウエル米FRB議長、チューリッヒで講演 21:15  カナダ4月住宅着工件数 23:00  リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演 26:00  米3年債入札(310億ドル) 27:00☆トランプ米大統領、イラン核合意に関する判断を発表 ※☆は特に注目の材料

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、スイス中銀と国際通貨基金(・・・・

続きを読む