トルコリラの下落が止まらない。対円、対ドルとも4日にリラの史上最安値を更新した。投機筋を中心にリラ売りに動く背景には、(1)米国の継続利上げでドル高基調にある事、(2)中でもトルコは経常赤字国で高インフレ国である事、(3)エルドアン大統領の圧力でトルコ中銀のインフレ抑制策(利上げ)が後手に回るとの観測、などがある。

 (1)米国の利上げ局面では、メキシコペソが暴落した1994年の「テキーラ・ショック」や、1997年のタイバーツ急落が引き金となった「アジア通貨危機」など、新興国ショックが起きるケースがある。国際投資家の資金が新興国から米国に向かう事で新興国通貨安が進みやすくなるためだ。・・・・

続きを読む