ニューヨーク原油先物市場のWTI先物は反発。CL_の終値は68.48ドル。
イラン核合意が破棄されるとの懸念が強まった。イスラエルのネタニヤフ首相はこの日、
イランに核兵器製造の極秘プログラムがあったことを示す同国の資料を保有していると言明した。

スポット金相場は反落。一時は約6週間ぶり安値を付けた。
XAUUSDの終値は1314.75ドル。ドルの上昇が背景。
また朝鮮半島情勢の緊張緩和で、株式など高リスク資産への投資意欲が高まったことも金を圧迫した。(情報提供:東岳証券)