東京市場のドル/円は時間外取引の米10年債利回りが小幅に低下する中、一時弱含む場面も見られましたが、日経平均株価の上昇などを下支えに109円台前半で底堅く推移しています。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

4/27(金)
15:30☆黒田日銀総裁、会見
未定 ☆南北首脳会談 
16:55 独4月失業率
16:55 独4月失業者数
17:00 メルシュECB理事、講演
17:00  ノルウェー4月失業率 
17:30☆英1-3月期GDP・速報値
21:30☆米1-3月期GDP・速報値 
21:30☆米1-3月期個人消費
21:30 米1-3月期雇用コスト指数
23:00 米4月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
23:00☆カーニーBOE総裁、講演 
23:15 ホールデン英MPC委員、講演 
※☆は特に注目の材料

黒田日銀総裁の会見や南北首脳会談(共同宣言が発表される可能性あり)など、アジアタイムの残り火も気になるところですが、今夜は米1-3月期GDP・速報値に注目です。

市場予想は前期比年率+2.0%で前期の+2.9%から減速する見通しです。

とはいえ+2.9%は出来すぎの数字で、+2.0%程度が先進国の成長率としては心地良い水準と言えそうです。

それよりも、内訳の個人消費が前期比年率+1.1%と大幅な減速予想となっている点のほうが気になります。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:108.700-109.900円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)