イーサポートリンク <2493> (JQ)は、生鮮青果物業界向けシステム開発を主力として、業務受託や農産物販売なども展開している。18年11月期は新規事業の伸長が寄与して増収・営業増益予想である。株価は底打ちして基調転換の動きを強めている。
 
■生鮮青果物業界向けシステム開発・運用が主力
 
 生鮮青果物業界向けシステム開発・運用(農産物サプライチェーンシステムのイーサポートリンクシステム、小売業バリューチェーンシステムの生鮮MDシステム、農産物生産履歴管理システムの農場物語)を主力として、業務受託事業や農産物販売事業も展開している。従量課金のシステム利用料などが収益柱である。
 
 イーサポートリンクシステムは約450社から受注し、日本のバナナ流通量の約6割を供給している。生鮮MDシステムは小売店2400店舗以上と仕入先1000社以上で利用されている。農場物語は全国で約5000IDの導入実績がある。農産物販売事業は青森「岩木山りんご生産出荷組合」のりんごを受託販売している。
 
■18年11月期増収・営業増益予想
 
 18年11月期の連結業績予想は、売上高が17年11月期比7.5%増の49億38百万円、営業利益が8.1%増の2億01百万円、経常利益が0.7%減の1億96百万円、純利益が47.1%減の1億17百万円としている。
 
 第1四半期は売上高が前年同期比3.4%増の10億75百万円、営業利益が0百万円(前年同期は25百万円の赤字)、経常利益が1百万円の赤字(同23百万円の赤字)、純利益が4百万円の赤字(同23百万円の赤字)だった。有機農産物の販売が大幅伸長し、販管費削減効果も寄与した。
 
 通期は純利益が繰延税金資産計上効果一巡で減益予想だが、ドラッグストア売場構築支援や有機農産物販売など新規事業の伸長と利益率改善が寄与して、増収・営業増益予想としている。既存事業では、輸入青果物サプライチェーンでの利益確保や、生鮮MDシステムの導入拡大などを推進する。通期ベースでも好業績を期待したい。
 
■株価は底打ちして基調転換の動き
 
 株価は17年12月安値1017円を割り込むことなく、安値圏1000円台前半から切り返して1100円台を回復した。4月26日の終値は1121円、今期予想連結PERは約42倍、時価総額は約50億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線を突破した。そして13週移動平均線が上向きに転じてきた。底打ちして基調転換の動きを強める形だ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)