ニューヨーク原油先物市場のWTI先物は反発。CL_の終値は68.01ドル。
イランとの新たな核合意に関する手掛かりを求め、投資家は引き続きマクロン仏大統領の動静に注目した。
朝方は、米週間統計が在庫の増加を示したことから、前日比で下げる場面があった。

スポット金相場は反落。XAUUSD1322.70ドル。ドル高に加え
、好調な米国経済と米中間の貿易摩擦緩和の兆しを受けた米国債利回り上昇が、嫌気された。(情報提供:123RF)