リファインバース <6531> (東マ)は、首都圏で再生樹脂製造販売事業と産業廃棄物処理事業を展開している。4月20日に18年6月期連結業績予想を減額修正したが、株価は悪材料出尽くしとして戻り歩調だ。
 
■産業廃棄物処理と再生樹脂製造販売を展開
 
 首都圏で再生樹脂製造販売事業と産業廃棄物処理事業を展開している。カーペットタイルの再資源化に強みを持ち、使用済みカーペットタイルの回収ネットワークを関西・東海エリアに拡大している。
 
■18年6月期は減額修正して大幅減益予想
 
 18年6月期の連結業績予想は4月20日に減額修正し、売上高が17年6月期比8.6%増の24億91百万円、営業利益が60.7%減の1億10百万円、経常利益が62・1%減の1億円、純利益が56.5%減の1億37百万円とした。増収増益予想から一転して、増収ながら大幅減益予想となった。
 
 17年設立したリファインバース イノベーションセンター(千葉県富津市)新工場において初期設備不具合が発生し、その解消に想定以上の時間を要した。生産量の減少や設備改修費用の発生で、再生樹脂製造販売事業の収益が大幅に悪化した。
 
 なお18年2月に実施した設備改修工事によって不具合が解消し、新工場の安定稼働で業績は回復傾向としている。18年3月度速報値では、再生樹脂製造販売事業のカーペットタイル回収量、産業廃棄物処理事業の受注件数、新規事業の製鋼副資材の生産・出荷数量は過去最高を記録したとしている。
 
■株価は悪材料出尽くしで戻り歩調
 
 株価は2400円近辺で下値固め完了して戻り歩調だ。18年6月期連結業績予想の減額修正にも悪材料出尽くしの反応だ。4月24日の終値は2819円、今期予想連結PERは約62倍、時価総額は約85億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線に続いて26週移動平均線を突破した。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)