エル・ティー・エス <6560> (東マ)は、ロボティクス・AIやビジネスプロセスマネジメントを活用し、企業変革と働き方改革を支援するプロフェッショナルサービス事業を主力としている。18年12月期大幅増益予想である。株価は戻り高値圏から反落したが調整一巡感を強めている。
 
■ビジネスプロセスマネジメントを活用したプロフェッショナルサービス事業
 
 17年12月東証マザーズに新規上場した。ロボティクス・AIやビジネスプロセスマネジメントを活用し、企業変革と働き方改革を支援するプロフェッショナルサービス事業を主力としている。プラットフォーム事業も展開している。
 
 プロフェッショナルサービス事業における17年12月末時点の累計取引社数は大手企業191社、中堅・中小企業106社となっている。
 
■18年12月期大幅増益予想、19年3月期も収益拡大期待
 
 18年12月期の連結業績予想は、売上高が17年12月期比9.3%増の26億30百万円、営業利益が25.1%増の2億30百万円、経常利益が31.1%増の2億28百万円、純利益が28.5%増の1億53百万円としている。
 
 主力のプロフェッショナルサービス事業でデジタル活用サービスが伸長する。プラットフォーム事業の会員数拡大も寄与する。増収効果で大幅増益予想である。プロフェッショナルサービス事業では顧客深耕モデルを推進し、プラットフォーム事業では会員数拡大や会員向けサービスの充実に注力する。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は3月の戻り高値2985円から反落して水準を切り下げたが、2200円近辺から切り返して調整一巡感を強めている。4月24日の終値は2325円、今期予想連結PERは約57倍、時価総額は約88億円である。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)