アイドママーケティングコミュニケーション <9466> は、流通小売領域に特化したマーケティング支援企業である。18年3月期増収増益予想である。そして19年3月期も収益拡大を期待したい。株価は調整一巡感を強めている。
 
■流通小売領域に特化したマーケティング支援企業
 
 大手スーパーなど流通小売領域に特化したマーケティング支援企業である。データ解析に基づくMD提案から、独自の市場データを加味したプロモーション提案、成果が見込めるプロモーションツール制作まで一貫して展開している。17年8月にはダイレクトマーケティング支援アプリ「CASH BACK」の全国展開を開始した。
 
■18年3月期増収増益予想で19年3月期も収益拡大期待
 
 18年3月期の非連結業績予想は売上高が17年3月期比5.6%増の80億円、営業利益が5.0%増の8億80百万円、経常利益が7.0%増の8億80百万円、純利益が9.8%増の6億20百万円としている。
 
 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が81.9%、営業利益が87.5%、経常利益が88.0%、純利益が85.0%と高水準だった。通期ベースで好業績が期待される。そして19年3月期も収益拡大を期待したい。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は2月の戻り高値769円から反落したが、2月安値650円まで下押すことなく、680円~700円近辺で推移して調整一巡感を強めている。4月24日の終値は694円、前期推定PERは約15倍、時価総額は約94億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線を割り込んだが、調整一巡して反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)