ニューヨーク原油先物市場のWTI先物は続伸し、2014年12月以来の高値で終えた。CL_の終値は68.85ドル。
中東情勢をめぐる懸念がくすぶる中、需給引き締まり観測が相場を支え、続伸した。

スポット金相場は続落。XAUUSDの終値は1324.60ドル。
金相場は米国債10年物利回りが3%に迫ったのに圧迫され軟化した。(情報提供:東岳証券)