サインポスト <3996> (東マ)は、システム開発コンサルティングを展開している。18年2月期は大幅増収増益だった。そして19年2月期も増収増益予想である。株価は決算発表を機に急落したが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
 
■システム開発コンサルティングを展開
 
 17年11月東証マザーズに新規上場した。金融機関や公共向けを中心にシステム開発コンサルティングを展開している。第三者的な立場ではなく、顧客企業の組織の一員として、情報化戦略、システム化構想、業務改善等を提案し、システムの企画・設計・開発・運用の実行支援やマネジメント支援を行う。
 
 17年12月にはSCSKと共同開発契約を締結した。流通小売業の店舗におけるレジの無人化を目指して、画像認識技術とAI(人工知能)技術を活用した「完全スルー型レジシステム(スーパーワンダーレジ)」の製品化、および製品化している「設置型AIレジ(ワンダーレジ)」の改良を推進する。
 
■18年2月期大幅増収増益、19年2月期も増収増益予想
 
 18年2月期の非連結業績は、売上高が17年2月期比75.5%増の30億24百万円、営業利益が2.2倍の3億70百万円、経常利益が2.1倍の3億57百万円、純利益が2.3倍の2億45百万円だった。主力のコンサルティング事業が牽引して大幅増収増益だった。
 
 19年2月期の非連結業績予想は売上高が18年2月期比3.4%増の31億26百万円で、営業利益が8.3%増の4億01百万円、経常利益が11.4%増の3億98百万円、純利益が5.5%増の2億58百万円としている。主力のコンサルティング事業で、金融機関を中心とした既存案件の継続的な受注、および新規案件の獲得を見込んでいる。
 
■株価は売られ過ぎ感
 
 株価(18年3月1日付で株式4分割)は4月13日の決算発表を機に急落した。19年2月期増収増益予想だが、伸び率鈍化が失望売りに繋がったようだ。4月23日の終値は2774円、今期予想PERは約107倍、時価総額は約275億円である。日足チャートで見ると25日移動平均線に対するマイナス乖離率が20%を超えて売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)