FCM <5758> (JQ)は、電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキを主力としている。需要が高水準に推移して18年3月期大幅増収増益予想である。19年3月期も収益拡大が期待される。株価は調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
 
■電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキが主力
 
 高度な表面処理技術(メッキ加工、回路形成など)をベースに、電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキを主力としている。古河電気工業 <5801> の連結子会社である。
 
 4月16日にはフィリピン共和国ラグナ州に拠点の設立が完了した。
 
■18年3月期大幅増収増益予想、19年3月期も収益拡大期待
 
 18年3月期非連結業績予想(3月16日に2回目の増額修正)は、売上高が17年3月期比22.2%増の231億円、営業利益が2.2倍の6億30百万円、経常利益が2.3倍の6億30百万円、純利益が2.3倍の4億05百万円としている。
 
 電子機能材事業、電気機能線材事業とも需要が高水準に推移し、設備稼働率上昇、製品群集約、人員配置最適化などの効果も寄与する。19年3月期も収益拡大が期待される。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は増額修正を好感して3月20日に4225円まで上伸する場面があった。その後は買いが続かず反落したが、3400円近辺が下値支持線となって調整一巡感を強めている。4月23日の終値は3470円、前期推定PERは約15倍、時価総額は約59億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインの形だ。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)