シンシア <7782> は、コンタクトレンズ製造・卸売事業を展開している。18年12月期減収・大幅減益予想だが、株価は織り込み完了して切り返しの動きを強めている。

■コンタクトレンズ製造・卸売を展開

 コンタクトレンズ製造・卸売事業を展開している。なおカラーコンタクトレンズ市場での競争力強化・販売拡大を目的として、17年5月にフリュー <6238> と業務提携、17年10月にANAP <3189> と業務提携している。

■18年12月期減収・大幅減益予想

 18年12月期の連結業績予想は、売上高が17年12月期比4.8%減の41億33百万円、営業利益が75.8%減の65百万円、経常利益が80.8%減の65百万円、純利益が79.4%減の45百万円としている。

 OEM取引における競争環境の激化、ブランド価値向上を目指した広告宣伝活動の強化などで減収・大幅減益予想である。想定為替レートは17年12月期並みの1米ドル=113円としている。仕入取引は全て米ドル建てである。
 
■株価は減収・大幅減益予想の織り込み完了

 株価(17年12月20日付で東証マザーズから東証1部に市場変更)は、2月の上場来安値596円から切り返しの動きを強めている。18年12月期減収・大幅減益予想の織り込みは完了しているようだ。

 なお18年3月20日発表の自己株式取得(上限70万株・4億50百万円、取得期間18年3月22日~18年12月20日)について、3月31日時点の取得株式数は0株である。

 4月20日の終値は715円で、今期予想連結PERは約109倍、時価総額は約49億円である。日足チャートで見ると25日移動平均線が支持線となって徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)