東京市場のドル/円は上値を模索する展開。

 ゴトー日(5・10日)のドル需要や海外勢のドル買い観測などに支えられ、一時は月初来高値(107.776円)に迫りました。

 ただ、その後は107円台半ばに押し戻されるなど伸び悩んでおり、欧米市場の動きが気になるところです。

 まずは今夜の注目材料を確認しておきましょう。

4/20(金)
18:30 サンダース英MPC委員、講演 
21:30 カナダ2月小売売上高
21:30 カナダ3月消費者物価指数
22:40 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演 
23:00 ユーロ圏4月消費者信頼感指数・速報値
26:45 日米財務相会談(ワシントン) 
----- G20財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン) 
※☆は特に注目の材料



 本稿執筆時点で今週のドル/円の値幅は0.85円=85銭前後しかありません。

 このままでは、今年初めて週間の値動きが1円未満という事になってしまいます。

 さすがに、ここから105円台に下落する事は考えにくいので、最低値幅記録の更新を免れるかどうかは107.70-80円の上値抵抗を突破できるかにかかっているという事になります。

 今夜に関しては、手掛り材料よりもドル/円の値動きそのものに注目したいと思います。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:106.800-108.000円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)