CRI・ミドルウェア <3698> (東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。4月12日に18年9月期第2四半期累計予想を増額修正した。スマホゲーム向けの好調などで通期予想にも上振れ余地があるだろう。株価は下値固め完了して戻り歩調だ。
 
■ミドルウェア「CRIWARE」を展開
 
 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。ミドルウェアとは、オペレーティングシステム(OS)とアプリケーションソフトの中間に位置するソフトウェアの総称で、ソフトウェアとハードウェアを繋ぐ「部品」のような役割を果たす。
 
 ミドルウェア「CRIWARE」は、音声・映像データを圧縮する技術(自社開発の音声コーデックで「良い品質」を保ち、圧倒的な圧縮技術で「小さく軽く」を実現する技術)、および優れた再生技術(ハードウェアの特性に合わせて「きれいに再生」する技術)を強みとしている。
 
 現在はゲーム分野を主力としている。ミドルウェア「CRIWARE」を採用したゲームタイトル数は17年12月時点で累計4034タイトルとなった。スマホゲーム採用率(ゲームアプリランキング上位100社における採用アプリ数の割合、17年12月時点)は36%、家庭用ゲーム採用率(上位300位、15年12月~16年12月集計)は26%だった。
 
 17年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が61%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が6%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%だった。
 
 重点戦略として、スマホゲーム分野の受注拡大を加速するとともに、新規注力分野として監視カメラ、Web動画、車載などへの展開も推進している。18年3月にはIoTサイバー・セキュリティ製品・サービスを開発するイスラエルのTerafence(テラフェンス)社と資本業務提携した。
 
■18年9月期2Q累計予想を増額修正、通期予想にも上振れ余地
 
 4月12日に18年9月期第2四半期累計予想を増額修正し、売上高が前年同期比14.6%増の7億円、営業利益が2.9倍の1億22百万円、経常利益が2.7倍の1億22百万円、純利益が2.8倍の84百万円とした。ゲーム分野で利益率の高いスマホ向け許諾売上が増加し、包括的な許諾契約の新規獲得なども寄与した。
 
 通期の連結業績予想は据え置いて、売上高が17年9月期比19.1%増の15億円、営業利益が2.5倍の3億円、経常利益が2.5倍の3億円、純利益が2.6倍の2億10百万円としている。スマホゲーム向けの好調が牽引し、組み込み分野の大型案件なども寄与して大幅増収増益予想である。そして通期予想にも上振れ余地があるだろう。
 
■株価は下値固め完了して戻り歩調
 
 株価は2000円近辺でのモミ合いから上放れの動きを強めている。下値固め完了して戻り歩調だ。4月18日の終値は2304円、今期予想連結PERは約52倍、時価総額は約114億円である。週足チャートで見ると、13週移動平均線と26週移動平均線が上向きに転じて先高観を強めている。戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)